肌にやさしい成分でできているキュレル

肌にやさしい成分でできているキュレルですが、いくつかの注意点があります。
まず、アトピー肌の人です。
キュレルは乾燥性敏感肌の人向けに開発されました。
アトピーも乾燥性敏感肌の一つといえなくはないのですが、明らかなアトピー症状が出ている場合には、かかりつけの医師に相談した方がよいでしょう。
また、普通肌や脂っぽい肌の人も、少し注意が必要です。
キュレルを使用できないわけではありません。
ただニキビがでているときや、特に脂っぽい部分への使用は控えた方がいいかもしれません。

健康と医療 関連情報

 記憶にかかわる脳の海馬で、アスパラギン酸が神経伝達物質のグルタミン酸とともに存在することなどは知られていた。大学院生の宮地孝明さんらは、細胞内でアスパラギン酸を運ぶたんぱく質を特定し、小胞型興奮性アミノ酸トランスポーター(VEAT)と名づけた。  森山教授は「グルタミン酸だけでは説明が難しい情報伝達の仕組みが、アスパラギン酸の働きを調べることでわかるかも知れない。認知症などの薬の開発につながる可能性もある」と話している がん患者や家族、支援者らが夜通し歩き、がん征圧や患者支援を訴える「リレー・フォー・ライフ」(日本対がん協会など主催)が30日、全国6カ所のトップを切り、北海道室蘭市の祝津臨海公園で始まった。約500人が参加。31日正午まで、チームを組んでリレーしながら24時間歩き続ける。  VEATは、神経細胞のつなぎ目にある神経伝達物質を蓄える袋に、アスパラギン酸を運びこむ。蓄積されたアスパラギン酸は、この袋から分泌されて神経伝達物質になるとグループはみている。