肌にやさしい成分でできているキュレル

肌にやさしい成分でできているキュレルですが、いくつかの注意点があります。
まず、アトピー肌の人です。
キュレルは乾燥性敏感肌の人向けに開発されました。
アトピーも乾燥性敏感肌の一つといえなくはないのですが、明らかなアトピー症状が出ている場合には、かかりつけの医師に相談した方がよいでしょう。
また、普通肌や脂っぽい肌の人も、少し注意が必要です。
キュレルを使用できないわけではありません。
ただニキビがでているときや、特に脂っぽい部分への使用は控えた方がいいかもしれません。

健康と医療 関連情報

親子で楽しみながら盲導犬に親しむ催しが30日、横浜市港北区の日本盲導犬協会・神奈川訓練センターであった。視覚障害について理解を深めてもらおうと、夏休み特別企画として同協会が開いた。参加者は盲導犬に触り、アイマスクをつけて盲導犬と一緒に体験歩行をするなど、視覚障害者の大変さを体験した。  VEATは、神経細胞のつなぎ目にある神経伝達物質を蓄える袋に、アスパラギン酸を運びこむ。蓄積されたアスパラギン酸は、この袋から分泌されて神経伝達物質になるとグループはみている。  記憶は、神経細胞が変化して、信号が伝わりやすくなることでできると考えられており、細胞の変化にはカルシウム濃度がかかわる。神谷教授らは、カフェインでこのたんぱく質を刺激すると、細胞内のカルシウム濃度が通常より上がり、信号が伝わりやすくなることを確かめた。