肌にやさしい成分でできているキュレル

肌にやさしい成分でできているキュレルですが、いくつかの注意点があります。
まず、アトピー肌の人です。
キュレルは乾燥性敏感肌の人向けに開発されました。
アトピーも乾燥性敏感肌の一つといえなくはないのですが、明らかなアトピー症状が出ている場合には、かかりつけの医師に相談した方がよいでしょう。
また、普通肌や脂っぽい肌の人も、少し注意が必要です。
キュレルを使用できないわけではありません。
ただニキビがでているときや、特に脂っぽい部分への使用は控えた方がいいかもしれません。

健康と医療 関連情報

記憶力増強には、コーヒーやお茶が効くかも――。カフェインによって記憶をつくる効率が変わる仕組みがあることを北海道大学の神谷温之(かみや・はるゆき)教授(神経生物学)らがマウスの脳を使った実験で見つけた。米科学アカデミー紀要電子版に発表した。 医療事務課の40歳代の男性職員が12日、院内のパソコンで入退院記録などをまとめようとデータをUSBメモリーに保存し、財布に入れたが、25日になって紛失に気付いたという。報告を受けた同病院は27日、福井県警へ遺失届を提出し、該当患者らに電話で謝罪した。保存データには、患者の住所や電話番号、病歴は含まれていないという。  記憶にかかわる脳の海馬で、アスパラギン酸が神経伝達物質のグルタミン酸とともに存在することなどは知られていた。大学院生の宮地孝明さんらは、細胞内でアスパラギン酸を運ぶたんぱく質を特定し、小胞型興奮性アミノ酸トランスポーター(VEAT)と名づけた。  森山教授は「グルタミン酸だけでは説明が難しい情報伝達の仕組みが、アスパラギン酸の働きを調べることでわかるかも知れない。認知症などの薬の開発につながる可能性もある」と話している