肌にやさしい成分でできているキュレル

肌にやさしい成分でできているキュレルですが、いくつかの注意点があります。
まず、アトピー肌の人です。
キュレルは乾燥性敏感肌の人向けに開発されました。
アトピーも乾燥性敏感肌の一つといえなくはないのですが、明らかなアトピー症状が出ている場合には、かかりつけの医師に相談した方がよいでしょう。
また、普通肌や脂っぽい肌の人も、少し注意が必要です。
キュレルを使用できないわけではありません。
ただニキビがでているときや、特に脂っぽい部分への使用は控えた方がいいかもしれません。

健康と医療 関連情報

 神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。  記憶にかかわる脳の海馬で、アスパラギン酸が神経伝達物質のグルタミン酸とともに存在することなどは知られていた。大学院生の宮地孝明さんらは、細胞内でアスパラギン酸を運ぶたんぱく質を特定し、小胞型興奮性アミノ酸トランスポーター(VEAT)と名づけた。 全国の認知症高齢者の人数は05年の約205万人から、2035年には2.2倍にあたる約445万人になる、と厚生労働省研究班が推計を出した。増加は、埼玉県の3.1倍を筆頭に首都圏で大きく、愛知県や大阪府などでも2.5倍を超える見通しだ。  また、現在は認知症に進む前段階の「軽度認知機能障害」も診断・治療できるため、対応が必要な高齢者はさらに増えそうだ。